しんじょうぶろぐ

高知在住の新卒お笑いフリーランサーです。

このボタンを押すと腰痛にも効きます(たぶん)

広告


ずっと好きで居続けている人はいますか?

 

f:id:TakahiroShinjo:20170603193745j:plain

ども、しんじょうぶろぐのしんじょうです。
久しぶりにブログっぽいブログを。

あなたはずっと好きで居続けている人っていますか?

 

 

In カナダ

ぼくは1年間カナダにワーキングホリデーに行ってたんですね
実はその時に仕事先が一緒で、趣味も一緒の女の子とめちゃくちゃ仲良くなって、
一緒に飲みに行って、働いて、飲みに行って、働いて....

と、けっこうな長い時間を共に過ごしました。
異性としては完全に意識されず、全く何もしておりません。

 

でも彼女とは体の中に流れる時間がすごく近くて、
居心地が良く、一緒にいてペースがぴったり合うんですよね。

そうなると本当にテンプレート通りなんですが、
気づいた時にはやっぱりものすごく好きになってました。

 

 

しかしながら気づいた後も関係性に特に変化があるわけでもなく
それまで同様に楽しく毎日を送る仲でした。
この時期ってたまらなく楽しいよなぁ!
もはやこの時期の恋愛だけを味わうVRゲームを開発してほしい。

 

 

 

帰国

そうして、彼女との楽しい関係性に甘え
もたもたしてると、彼女はワーキングホリデーの期間を終え日本に帰国することに。


このときのもどかしさったらなかったなぁ!

死ぬほど離れるの嫌だったし、
ていうか何も気持ち伝えてないし、
ただ気持ち伝えたところでいずれにせよ遠距離恋愛無理だし、
そもそもフラれるかもしれないし、
いや、むしろこの関係性なくなったら遊ぶ人いなくなるし...

 

ぅぅぅうううううわわぁぁあああああ!!!!

 

 

 

と、半分発狂してたのがこのとき。
行動を起こしたところで報われないのはわかってるし、
そもそも期待してすらない。

それでも気持ちを伝えなかったら、
ぼく自身が彼女を好きだった記憶や感情が薄れてしまうなぁと思いました。

 

だからこそ彼女に向かって気持ちを伝えました。
彼女もそんなことわかっていたんでしょう。
「ありがとう」と優しく微笑んでくれるだけで
特に答えのような返事をするわけではなく日本に帰国して行きました。

 

 

それから月日が経ち

ぼくも日本に帰り、お互いに住む場所は違いますが、
たまに電話したり、機会があれば飲みに行くこともあったり。
結局今でも仲の良い関係を続けています。

 

 

彼女との居心地の良さは相変わらずだし、
会話の感じもペースも変わらない。
むしろ時が経って綺麗になるという王道の変化をしています。

 

 

 

そんな彼女と先日タイミングがあって、飲みに行ってきました。
久しぶりに会っても、懐かしい感じはせず、
まるで昨日も会っていたかのような反応。
それがたまらなく心地いい。

 

お互いの近況報告をしたり、
他愛もない話で盛り上がったり。
何気ない時間だけど、やっぱり彼女といる時間は幸せでした。

で、ふとカナダで一度告白したときの話を出してみました。
彼女が優しく「ありがとう」と微笑んでくれたときの話を。

興味津々でその話をしていると

 

 

 

 

 

 

 

「そんな告白されてないよ」

 

 

期待していたハードルを見事にくぐられた瞬間でした。
あのときのピュアなしんじょうが出した決断ととった行動は
完全に自分を気持ちよくさせる「ヒトリゴト」でしかありませんでした。

なんでも酒に酔っててあまり覚えていないらしく。
ということで、もう一度伝えておきました。

「今更どうにかなろうってのは全くないけど、多分これからもずっと好きだよ!」
そう伝えると、返って来たのは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

微笑みながらの「ありがとう」という言葉でした。

 

 

 

 

 

 

それそれぇぇええ〜!!!!

 

3年前と同じ言葉、仕草。
彼女とぼくの変わらない関係性はこれからも続きそうです。
人生で唯一レベルの「友達以上、恋人未満」の女の子だと思います。

 

だからこそ、多分これからもずっと好きであり続けるんだなぁと思います。

 

 

 

ここまで読んでくださった方はお分かりかもしれませんが、そうです。
これは彼女へ送った最初で最後のラブレター。

本当に幸せになってくれなぁ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全部、嘘です。

 

ふぃん!

 

 

関連記事

恋愛は弱みにつけこんだもの勝ちです。 

www.shinjo-t.com

 

 最近よく読まれている記事

www.shinjo-t.com