しんじょうぶろぐ

高知在住のお笑い芸人をしている新卒ニートブロガーです。

このボタンを押すと腰痛も...

広告


博多明太子が食べ放題?!稚加榮(ちかえ)ランチがおすすめ

 

f:id:TakahiroShinjo:20170603173752j:plain

ども、しんじょうぶろぐのしんじょうです。
福岡にいます。

 

 

 

福岡はすごいところ

適度に人が多くて、適度に中心地ガヤガヤしてて賑わっています。
なんといっても綺麗な人が多い!

たまらん。
こちらは福岡のエロかわいいヒッチハイカーに家に連れ込まれた話。 

www.shinjo-t.com

 

たまらんたまらん福岡。 
しかもしかも食事で入るお店が全くハズレなし。
ほとんどうまい。
食のレベル相当に高い。

いやぁ、ガチで移住したいレベル。

 

ということで、移住したいレベルをあげる福岡メシ集。
まずは明太子食べ放題のランチ。

 

 

博多料亭:稚加榮(ちかえ)

f:id:TakahiroShinjo:20170603171303j:plain

 

ランチメニューはどうやら2つのみ!
かしわご飯とそばのそば定食と、新鮮刺身が味わえる和定食

f:id:TakahiroShinjo:20170603171255j:plain

 
訪れたのが木曜日ということもあって、特に待たずに入れましたが、
なんでもランチの時間が終わる前にランチメニューが売り切れることもあるようです。

 

早速店内へ。
入るとすぐにイカのいけすで度肝抜かれます。
いや、店内やぞここ。

f:id:TakahiroShinjo:20170603171253j:plain

 

店内中心には大きないけすがいくつかあって、
落ち着いた料亭の雰囲気もありながら、
どこか市場のような活気のある様子も伺えます。

 

なんでもこのいけすの中に30種類以上の魚が常備されているとのこと。
まさにお魚天国。

f:id:TakahiroShinjo:20170603171248j:plain

 

 

ということで、早速注文!
蕎麦が食べたいということで、そばのメニューの方をオーダー。
ただ、頼んだあとに「明太子には白ご飯じゃない?」という心の声が聞こえました。
必死に心の声を否定しましたが、正直少しだけ後悔したのは内緒。

 

 

見よ、これがちかえランチだ!

f:id:TakahiroShinjo:20170603171235j:plain

 

驚くほどのボリューム感!
かしわご飯にモツのお汁、天ぷらに揚げ出しとうふと茶碗蒸し...

かしわご飯

f:id:TakahiroShinjo:20170603171236j:plain

 

そば(おそらく関東風)

f:id:TakahiroShinjo:20170603171226j:plain

 

こちらは友人がオーダーしたランチ。
刺身の方も美味しそうだ...!
こっちには煮物に、かにの味噌汁(ふた開けてて欲しかった...)

f:id:TakahiroShinjo:20170603171217j:plain

 

これだけでもべらぼうに美味そうだし、
見返しただけでヨダレ出るけど、
ここからさらに明太子が食べ放題がついてくるんです。

イインデス!

 

そしてその食べ放題、待望の明太子!

f:id:TakahiroShinjo:20170603171238j:plain

 

この明太子チューブが各テーブルに置かれています。
どうぞご自由にお使いください的なやつです。
もう思う存分使わせていただきました。

 

というのも田舎者にとって福岡の明太子は神格化した食の一つ。
食べ放題万歳。

f:id:TakahiroShinjo:20170603171221j:plain

 

いやぁ、はっきり言って
ランチに1,500円は正直高いと感じていましたが、
美味しさに満足、ボリュームに感服のちかえランチでした。

次回は夜も足を運んでみたいところ! 

 

店舗情報

博多料亭:稚加榮

電話:092-721-4624
営業時間:11:30〜22:00(ランチ 11:30〜14:00)
※但し、昼定食は限定数になり次第、午後2時前に終了することもございます
住所:福岡県福岡市中央区大名2丁目2−17

 

 

まとめ

まんまと福岡メシの虜になっております。
実はまだまだ福岡で美味しいもの、食べてます。

 

ふぃん!

 

 

関連記事

やっぱりエロスは正義だと思うんです。

www.shinjo-t.com

 

 

おすすめ

稚加榮の明太子もおいしかったですが、
我らがAmazonでは購入できないようです...!
ということで、テレビでも紹された明太子チューブをご紹介。
(っていうかもはやお土産がインターネットで買える時代か...)