しんじょうぶろぐ

高知在住のお笑い芸人をしている新卒ニートブロガーです。

このボタンを押すと腰痛も...

広告


「武器としての書く技術」良書すぎたという書評(感想)

 

ども、移住大学生ことしんじょうです!
最近空き時間にはKindle(電子書籍を読む機械)を手にとるようにしています。
そう、念願の読書ライフです!

 

ということで、今回は良書すぎた
「武器としての書く技術」を紹介したいと思います!!
というか、良書すぎて手にとって読んで欲しい。

特に「書く」ことに携わっているあなたに。切実に。

 

 

 

著者・イケダハヤト

(タイトルがなんか日系人みたいになってる。ってのはおいといて)

現在月収300~500万円を稼ぐプロブロガーイケダハヤトさん。

f:id:TakahiroShinjo:20160720132832p:plain

 

先ほどの収入。
月収ですよ。月収。
なんでも高知で100人の若者にベーシックインカムを配ってくれるんだとか。

www.ikedahayato.com

 

と思ったら高知の山奥で新規事業を立ち上げるらしく。

 

 


若者100人構想の実現は先延ばしということです。
ゆっくり期待しておきましょう!
(参考:イケハヤ書生、3人ほど卒業予定です。みんなやるね!(追記あり) : まだ東京で消耗してるの?

 

という人。
ブログだけでない知見を持ち、常に時代の先を歩いている人。
そんなプロブロガーイケダさんが2013年に書いた本が今回紹介する

「武器としての書く技術」なんです。

 

 

武器としての書く技術

 

 

ブログのみで生計を立てるということがどんなに難しいか。
そしてその境地にいるイケダさんはどのようにブログで生計をを立てているのか。
後追いのぼくたちはどうやって努力をしていけばいいのか。

 

そういったことをイケダさんらしい口調と切り口で丁寧に説明しています。
率直な感想としては、

 

 

 

「ブログのみで生計を立てるのは無理」

 

だということですね。笑
イケダさんがブログにかけるパワーはすさまじかった....

 

この本はブログを運営している人にはぜひとも読んで欲しくない一冊。
ていうか読んだ人もみんな内容忘れて欲しい。

もう一度言います。

 

 

 

オブリビエイト!

(「忘れよ!」記憶を消す呪文。ハリーポッターより)

 

その分ぼくが台頭して色々と実践していきます。笑
そのくらい本当にぼくにとって学びがたくさんな本でした!

 

 

人間なんてどうせバカ

特にこのトピックが好きです。
ことこのトピックに関してはブログの有無関係なくためになります。
ですので、本文を抜粋して紹介。

 

イケダさんは「自分の意見を発信すること」について

人間なんてどうやったってバカで無知なんです。変に賢く取り繕うなんてありません。自分のバカさ加減を知り、高めていけばいいだけの話です。

 

と前置きを加え、こう語っています。

完璧でなくていいのです、今、自分がたどり着ける限界点を切り出しましょう。バカにされる恐れさえ払拭すれば執筆は自分の「現在地」を客観的に認識するすばらしい機会となるはずです。

 

僕自身、約半年以上ブログを書いています。
その中でやはりインターネットに意見を発信することに恐怖を感じることも。

「自分の意見は未熟じゃないか、間違っていないか」
「発信することが誰かを傷つけてしまわないか」

 

しかしながら、そんなこと「今」わかるはずがないんですよね。
今の自分の限界を出し切ればいいんです。

 

だって人間なんてどうせバカなんですから。
後から見返した時に「うわー寒いこと書いてる」なんて思えたらそれこそ成長。
ガッツポーズして喜んだりますわ!!

(参考:「人間なんてどうせバカ」だからこそ自分の表現を貫け - しんじょうぶろぐ

 

 

まとめ

書評というより感想になってしまいましたが。
とにかく、何か「書く」仕事に携わっている人はぜひとも読んでみて欲しい一冊。
でもブロガーの皆さんは読まないでね!(注:2013年発行。つまり今更。)

 

ぼくも生産量をどんどん上げていきます!

 

ふぃん!

 

 

おすすめ

イケダさんの書籍はあるんですが、実は電子書籍が多いのが現状。
この機会にKindleを購入してみると読書が捗りますよ。おすすめ。

今の時代スタバでMac!よりもスタバでKindleでしょ!

 

 

Kindleだとこちらもオトク!あわせてどうぞ!

www.shinjo-t.com