しんじょうぶろぐ

高知在住の新卒お笑いフリーランサーです。

このボタンを押すと腰痛にも効きます(たぶん)

広告


それ法律違反だよ!原付・中型バイクに乗る時に気をつけたい3つのポイント

 

ども、移住大学生ことしんじょうです!

 

以前大学生に向けて、中型バイクをめちゃめちゃおすすめする記事を書きました。

www.shinjo-t.com

 

いやぁ、やはりバイクって非常に便利な乗り物です!渋滞などお構いなしにすり抜けてスイスイ進めるし、街中へ行っても駐車場に困ることがない!めちゃくちゃ便利な乗り物です。

 

 

女性の声:ちょっと待ったぁ!!!

 

え?

 

こんにちは。

f:id:TakahiroShinjo:20160407123534j:plain

 

 

私はバイ子と申します。 あなたの腐りきったその根性と原付・バイクに対しての認識をたたきなおしに来ました。私はバイ子。

 

(誰...?)

 

あなたが普段目にしている当たり前な光景は実は「法律違反」かもしれません。しっかりと法律に基づいた走行をする必要があります。私はあなたのその歪んだ常識を蹴り飛ばしに来ました。 そんな私はバイ子。

 

歪んだ常識ですか...(いや誰だよ....?)

 

とにかく、原付やバイクに乗る時に気をつけるポイントを目ん玉かっぽじってよく聞いてくださいね

 

(耳だろ......)

原付・バイクに乗る時に気をつけたい3つのポイント

1.すり抜けは違反?

 

すり抜けという行為はご存知ですよね?あなたが冒頭に馬鹿みたいに述べていた「渋滞などお構いなしにスイスイ進めるし」という言葉。これがまさしく「すり抜け」という行為に当たります。当たり前のようにされていますが、これは実は違反行為になります。

 

いやいや、法律の条文にはそんなこと書いてないし......(馬鹿みたいに....)

 

おいぼけかすあほたこ。実際に「すり抜け」自体が条文に記載されてなくても、他の法律にひっかかるんだよ、車両の停車中、もしくは信号待ちの時のすり抜けを想像してみろ。

 

交差点の直前での「追い越し」がアウト、車両停止中に前に出る行為は「割り込み」でアウト、その場合一時停止線を越えての停止は「信号無視」でアウト、安全だと思えるすり抜けでもたいていの場合「車間距離不保持」でアウト。

何か言うことは?

 

.......ありません。急にヒステリックやん.....

 

2.駐車場に停めていいの?

 

次は駐車の話になりますが、実は駐車場にバイクは停めてはいけません。バイクを停めるのであれば、「駐輪場」に停めなければいけないんです。もし駐輪場がない場合でもコインパーキングや歩道には停められません。

 

ってことは、駐輪場がない場合はどこにも停められないってこと?

 

基本的にはそういうことになります。
ただ、駐車禁止の標識がない場合、路側帯側に0.75m間隔をあければ駐車が可能になります。その時、白線からはみ出してしまうとそれも駐車違反になりますので注意が必要です。

 

なので基本的には街中での駐車ほとんどの場合駐禁をとられるんです。この辺もしっかりと頭に入れておいたほうがいいですね。

 

どこに停めればいいんだ......(僕も非常に困っています)

 

3.自賠責保険に加入してる?

 

最後に保険の話になります。というのも、中型バイクまではいわゆる「車検」がありません。普通自動車なら車検のタイミングで一緒に義務的に自賠責保険に加入しますが、中型バイクの場合は自分で自賠責保険に加入しなければいけません。

 

それは知ってるよ!馬鹿にしないでください。

 

うるせぇたこ!自賠責保険の期限は意外と忘れやすいんです。どれだけ大丈夫だと思っていてもこまめに確認することが必要です。

 

というのも、もし自賠責保険無加入で運転してしまうと、「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」に処されます。それから「交通違反点数6点減点」され、即免許停止処分になります。

 

もし事故を起こした時のためにも絶対に加入することです。そして期限切れには十分注意すること!!!!

わかったか?

 

は、はい.....

 

もちろん何かあったときのために任意保険も入っておくこと。例えば事故だけじゃなく、何かトラブルがあった時のためにロードサービスが非常に大切です。バイクの任意保険だと月々でもそんなに金額はかかりません。見積もりも簡単にできるし、任意保険もしっかり入ること。

 

 

保険見積りはこちらから 

 

まとめ

 

いかがでしたか?今回は原付・中型バイクに乗る時に気をつけたい3つのポイントについて紹介してきました。あなたも交通ルールにはしっかりと気をつけてこれからも二輪車ライフを楽しんでください!

 

 

.......とのことです!

 

ふぃん!

 

おすすめ

備えあれば憂いなし。
何かあってからでは遅いので、ぜひとも何かあったときのために保険は加入するべきですね。僕もこちらからバイク保険を見積もりしましたが、様々な保険会社から一括で見積もりできるので楽!すごくおすすめです!

保険見積りはこちらから