しんじょうぶろぐ

高知在住のお笑い芸人をしている新卒ニートブロガーです。

このボタンを押すと腰痛も...

広告


高知県といえばひろめ市場...?え、ドラゴン広場を知らないの?

ども、移住大学生ことしんじょうです!

 

皆さんは高知といえば何を連想しますか?
カツオのたたきに坂本龍馬、よさこい祭り.....
まぁ、THE・高知的な名前が並びます。

でも、みなさん「ドラゴン広場」を知らないとは言わせませんよ。

  

ドラゴン広場

ドラゴン広場」とは高知県土佐市にある、とある施設。
名称の由来はなんでも土佐市の形が龍の顔に似ているから、とのこと。
確かにドラゴンが火を噴いてるようです!

f:id:TakahiroShinjo:20160307020426p:plain

 

 

 

施設はこのようになっています。

f:id:TakahiroShinjo:20160307021627j:image

テナント店が並び

f:id:TakahiroShinjo:20160307021700j:image

中には高知県県内の野菜を扱う「あおぞらいち」なども。

f:id:TakahiroShinjo:20160307021644j:image

 

みなさんこの光景見たことありませんか?
そう、「ひろめ市場」!

f:id:TakahiroShinjo:20160307022321j:plain

(参考:http://comswork.sakura.ne.jp/staff_blog/?p=1748

 

机が並び、昼間からお酒を飲み交わす。
しかも観光客があまり来ないため、THE・ローカルな感じでお食事を楽しめます。
だからこそコアなファンが多い!

 

店内テナント

お魚屋さん、そば屋さん、チキン料理、本格定食屋さんが入り、いつ来てもレパートリー豊富な料理が楽しめます。ここの「そばマルシェ」というそば屋は県外からそばの実を取り寄せ、自家製で手打ちを行っているため香り高く、コシがあり食べ応え抜群。個人的にはすごくおすすめです。美味しい。

f:id:TakahiroShinjo:20160307021758j:image

f:id:TakahiroShinjo:20160307021740j:image

 

他にも「えびす食堂」というチキン料理屋もおすすめ。ありんど高知というウェブメディアにも取り上げられました。

kochi-arindo.com

安価ながらも、ガツンと食べ応えのあるチキン料理が豊富で、その中でも親鳥のアヒージョが絶品(美味しすぎて写真撮るの忘れたよ!)。ビールもキンキンに冷えていて、昼間から飲むのにもってこいです!

 

他にも、鮎が食べられる本格定食屋「はぁと食堂」や魚屋「森澤」なども本当に美味しかった!こちらもありんど高知がまとめていました!

kochi-arindo.com

 

ひろめ市場よりも

ドラゴン広場はイベントの時以外、ほとんど満席になりません。そのため席を探さなくてもいつでも座ることができます。

注目すべきは座敷があるということ!
団体で来られる際にはとてもおすすめですね。

f:id:TakahiroShinjo:20160307021717j:image

また、施設全体の年齢層が高いため、お客さん同士ですぐ交流ができるような、高知ならではのローカルさを感じられる場所です。

 

他にも高知県内の野菜を購入できる「あおぞらいち」では、お土産も購入できます。あまり種類は多くないですが、県外から来た方にもTHE・ローカルなドラゴン広場で飲み食い、そしてお土産を購入して帰路に着くというプランもありかもしれません!

f:id:TakahiroShinjo:20160307021727j:image

まとめ

高知県はなんやかんやで情報発信が苦手な県の1つだと思います。せっかく良いお店があってもなかなか情報として出てこない.....

ぜひ、皆さんもひろめ市場はもちろん、「ドラゴン広場」に訪れてみてください!

 

ふぃん!

 

今回のおすすめ

著者の安部夜郎さんの故郷はなんと、高知。
やはり高知は「食」のレベルがべらぼうに高いんです.....!