しんじょうぶろぐ

高知在住の新卒お笑いフリーランサーです。

このボタンを押すと腰痛にも効きます(たぶん)

広告


あなたがどれだけすごくてもNo.1でも全く価値がない。

f:id:TakahiroShinjo:20160128165858j:plain

 

ども、移住大学生ことしんじょうです。

 

つい先日、この動画をオススメされたんです。

11月頃の映像のため、若干「今更」ですが。

オトナの学校完全版 武井壮【オトナの!】 - YouTube

 

簡単に紹介しておくと、ユースケサンタマリアといとうせいこうが出演する「オトナの!」。

オトナになりきれない二人が、オトナとは何か、について学んでゆく、オトナに贈るトークバラエティ。

番組の詳しい情報についてはこちらで。

 

そして、この記事はそのYoutube版、「オトナの学校」の武井壮さんのお話を聴いて、色々と思ったところを書いていく、僕の頭の中のお話。

 

やりたいことをやる人生

f:id:TakahiroShinjo:20160108101023j:plain

僕はあるときから、いつ死ぬかわからない人生を自分のやりたいように生きていくと決めました

周りにはたくさんの人がいて、たくさんの考え方があります。だからこそ、そこに「待った」を掛ける人ももちろんいるわけです。

でも将来なんて誰にもわからない。誰も他人の責任なんて持てない。自分の人生を生きていくのはあくまで自分でしかないんです。

 

だからこそ、自分が納得する人生を進みたい、そう思いました。

 

あなたが「やりたいこと」など、社会には必要ない

僕はやりたいことで生きていく人生にするんだ!!

そう意気込んでいる矢先こちらの本に出会いました。

 

著者の坂口恭平さんはめちゃめちゃ面白い人なんですよね、本当に。

僕が面白いというのはすごくおこがましいくらい。

 

この本の中で、

自分のやりたいことなんてどうでもいい

僕は大学に呼ばれて学生たちと話すことがある。そうすると、彼らはしばしば「自分は~をしたい」と言う。(中略)あなたが「やりたいこと」など、社会には必要ない。今すぐ帰って家でやれ、と僕は言ってしまう。

という節があります。

いやはや、この時は鉄のうまい棒で頭を殴られた感じがしましたね。

 

日本一でも価値がない

そして、武井さんもこう言っています。

スポーツの僕のクオリティってあの、自分で言うのもなんですけどある程度高いものだと思うんです。各分野にいったら日本一を取れる能力もありましたし、クオリティ自体はすごく高いものがあるんですけども、価値がない、と。

かつて日本一をとった武井さんのその能力すら価値がないということ。

その気づきは武井さん自身が日本一を取ったのにもかかわらず、周りの環境は全く変わらなかった、つまり影響を与えることが出来なかったということに由来します。

 

あなたがどれだけすごくてもNo.1でも全く価値がない

そうなんです、結局は誰が「価値」だと感じるかなんです。

何を「価値」だと感じるか。

 

坂口恭平さんの言葉を借りれば、

やりたいことは無視して、自分がやらないと誰がやる、ということをやらないといけない。

ということなんです。

 

そして僕がちょうどこの記事を書いている時にTwitterをちょろんと覗くとヒビノケイコさんがタイムリーで同じような記事を書かれていました。

hibinokeiko.blog.jp

結局やりたいことが自分の中で完結するのであればそれは価値がないこと。

つまり、なんらかしらのかたちで好きなことと仕事をつなげていこうと思えば、「他者や社会とどうつながるか?」そのための試行錯誤が必要ってこと。

自分のやりたいことを価値にしたいのであれば他者を想像しなきゃいけない。 

すきなことがあるなら、自分と他社をむすぶ「形の工夫」を。

 

結局はどうやって生きていきたいのか

でも僕は結局やりたいことをやって生きていきたいんです。

そのためには僕の「やりたいこと」が誰かの価値でなければいけない。しかも上には上がいる世界で僕がやることを価値にしていくということは、僕にしかできないことをするべきで、オンリー1になるべきなんですね(どこぞやで聞いた曲)。

 

だからこそ、どこか企業に就職して給料をもらって生きる生活はすごくわかりやすい。自分が働くことがイコールでその企業の価値になる。

となれば、あそこまで毛嫌いした就職活動にも納得が出来ます。

www.shinjo-t.com

 

就職活動を思い切りして、できるだけ自分のやりたいことと企業が求める人材像がマッチングする会社に入ることが何よりも大事。だからこそなんとしてでも就職活動に勝ち残る必要があるんだと。

最近では企業の方とお肉を食べながらお話ができたり

29reach.com

そのフレンチ版があったり

peraichi.com

面白い就職活動の形もあるみたいですね。ニクリーチとかなら普通に僕もしたい。笑

 

まとめ

今回は「価値」について書いてきました。

結局はNo.1になれなくてもいいんです。誰かにとってのオンリーワンであればそれだけでいい。なぜなら「価値」とは人が求めることでしか生まれないから。

誰かにとって必要なものでなければもはやそれは自己満足でしかないんですね。

 

結局はやりたいことで生きていくのならば「ファン」を増やしていくしかないんでよね。Youtuberのはじめしゃちょーとかはまさにその筆頭。

だからこそ、何かを「やる」ときには自己満足ではなく、他者に何かを与えていかなければいけないんです。

 

 

ぜひ手にとって読んでみてください。

 

ふぃん!