しんじょうぶろぐ

高知在住の新卒お笑いフリーランサーです。

このボタンを押すと腰痛にも効きます(たぶん)

広告


駄菓子ラバーがオススメする珍味系駄菓子 5選

f:id:TakahiroShinjo:20160101130048j:plain

 

みんなは駄菓子って好き?

今となっては駄菓子屋があまりなくなって駄菓子を目にする機会は圧倒的に減った。

それでも、今はコンビニやスーパーで手頃に買える駄菓子がいくつかはあるよね。

 

 

僕が小学生の頃、実家の裏には「波平商店(なみへいじゃないよ)」という駄菓子屋さんがあって、親からもらった小遣いの予算内でどううまく駄菓子を買うかっていうことを考えて、ほぼ毎日放課後になるとその駄菓子屋に通ってた。懐かしいな。

 

 

ということで、僕はずっと駄菓子が好きでいまだに好きであり続ける自称駄菓子ラバーを名乗っている。

今回はそんな自称駄菓子ラバーが、駄菓子の中でも特に得意とするジャンル、珍味系から、オススメする懐かしい駄菓子を5つ厳選してお送りしていきましょう。

オススメ駄菓子 5選

まだタラタラしてるの?「タラタラしてんじゃねーよ」

珍味度:★★★☆☆

レア度:★☆☆☆☆

おなじみの「まだ東京で消耗してるの?」の走りともいえる革命的な一品。

炎上駄菓子と言われるほど、駄菓子界ではロックな辛さが根強い人気。

多くの層に支持されており、どこにでも売っているまさに駄菓子のTHE・王道だね。

 

だからまぁほとんどの人は食べたことあるだろうし、もはや珍味感は薄めかな。

レア度も当然高くない。

 

 

華道10円シリーズで異色の存在、「のし梅さん太郎」

珍味度:★★★★☆

レア度:★★★☆☆

華道の10円シリーズと言えば、蒲焼さん太郎わさびのり太郎酢だこさん太郎などが有名どころかな、知ってるひとも多いはず。他にもどんどん焼なんかも華道シリーズ。

 

のし梅さん太郎(酢だこさん太郎も)は正直言ってこの華道シリーズでも異色の存在なんだよね。

というのも、すごくしっとりしてにおいがすごいから手についたら嫌だ、とかけっこう賛否両論わかれる商品。

でも、のし梅さん太郎は梅独特の香りがついてて、その甘さと酸っぱさが調和して、めちゃくちゃおいしい。10円の割にはすごくクオリティの高い一品なんだよなぁ。その特性から珍味度はかなり高め。

 

しかものし梅さん太郎はコンビニにはまずおいてないのと、スーパーでもほんとにたまにしか見かけない商品だからレア度もまずまずの高め。

 

結局それ誰やねん、「よっちゃんイカ」

珍味度:★★★★★

レア度:★☆☆☆

切れ味抜群、珍味界のキング、よっちゃんイカ。

駄菓子を見たことがあれば絶対に目に付く商品の一つ。地味にあたりつきなのもポイント。

そして誰もが一度は「よっちゃん」とは、とその存在を考えるという噛む力と思考能力を鍛える駄菓子だね。

 

この名前の理由としては、酒が大好きな駄菓子開発者がある理由から「よっちゃん」という女性と別れた際に、自暴自棄になってお酒を飲んだ時に食べたイカが忘れられなかったために作った駄菓子という一説がある。

 

 

 

というのはもちろん、うそだよ。

ストレートに会社名だね。笑

 

 

箱買いが男のロマン、「よっちゃん丸」

珍味度:★★★★★

レア度:★★★★★

よっちゃん丸の箱買いがロマンだった人は多いはず。箱の中から取り出して小さな袋にいれてたのが懐かしい思い出。

いかにも体に悪そうな色と、THE珍味といった味。文句なしの満点

今では直接お菓子を取るっていう行為が残ってる駄菓子屋が少なくなったからあまり見る機会もなくなったよね。

あの衛生的に絶対問題あるだろっていう批判がきそうな感じが懐かしいなぁ。

きなこ棒とかもまさしくそうだよね。

 

珍味度もレア度もかなり高めの商品。

 

 

10円で買える夢、「イカすぜ」

珍味度:★★★★☆

レア度:★★★★★

イカすぜは、中に細かく切られた魚のすり身系駄菓子が入ってるんだ。

これだけだと普通の駄菓子なんだけど、誰もがおそらく通ってきた道、金券あたりつきの駄菓子だということが大きな特徴なんだよね。

子供ながら、宝くじを買う気持ちでイカすぜを100円分買った時はお店の前でどきどきしたよなぁ。

 

なんといってももはや駄菓子屋にいってもあまり見ることがなくなったため、レア度はマックス。

 

 

駄菓子屋がなくなっていくという現実

f:id:TakahiroShinjo:20160105033439j:plain

少子化に伴って、駄菓子屋が少なくなっているという事実は紛れもないもの。

だからこそ、コンビニやスーパーなどに駄菓子を卸して経営を続けられてるんだと思う。

 

でもやっぱり駄菓子屋が持つ子供のコミュニティ的な性質は現代ではすごく重要で、求められていることなんじゃないかな。教育面でも、地域活性化の面でも。

 

 

全力で僕は駄菓子屋さんを応援しています!!

 

ふぃん。