しんじょうぶろぐ

高知在住の新卒お笑いフリーランサーです。

このボタンを押すと腰痛にも効きます(たぶん)

広告


仕送りは駄菓子。タラタラしてんじゃねーよという親からの辛辣なメッセージ。



今日は部屋を大掃除しました。
断捨離といえば聞こえがいいですが、いらないものを徹底的に捨てました。
これですっきり新年を迎えられそうです。 明日は年賀状を買ってきます!!

 

 

なぜかブログネタが送られてきている

私は以前こんな記事を書いたことがあります。
激しすぎる臭い力「ぺヤングにんにくMAXやきそば」、最後で最高の贅沢。節約生活始めました。

そして送られてきたんです、実際に。
2015-12-30-16-46-33


これがただの偶然の一致ではないことが僕だけにはわかるんです。
なぜなら僕が今まで送ってきた22年間の人生で、沖縄でペヤングなんて食べたことない。←



にもかかわらず、ペヤングをチョイス、かつにんにくMAXを入れ込んでくるあたり、僕のブログが読まれているのは間違いない。
まぁいいんですけど。笑

そんなことではもはや揺らぎません。


しかしなまものを見たらすぐに揺らいじゃいましたね、うん。

奥に見えるのが問題のそれ。

2015-12-30-16-41-46


そうパイナップル。
2015-12-30-21-04-35

 

 


おわかりだろうか。
2015-12-30-21-04-21





かびている。
かびているのだ。

まじか。


とまぁ、そんなこともありますが

やっぱり、仕送りって嬉しいものです。
お金も嬉しいけど、普段自分では買わないようなものを送ってくれるのはなお嬉しいですよね。

僕の仕送りにはいつも絶対に「タラタラしてんじゃね~よ」が入っています。


 
僕はもともと駄菓子がすごく好きで、特に「タラタラしてんじゃねーよ」はめちゃめちゃ好きでした。
30円に値上げしたときは本当に悲しかったのを覚えています。

おそらく母もそれを知っていて、いつも送ってくれるんですね。ありがたや。

 

 

でもいや、待てよ。とわれにかえる。

子供の頃からずっとタラタラしてんじゃねーよを好きというのはわかっているんだと思う。

でも「タラタラしてんじゃねーよ」って母親からのメッセージじゃね?

社会を自分勝手に生きる僕に対して「調子に乗らず、地に足つけて努力に励め。」という50年近くを生きてきた、母親からの僕への辛辣な思いを駄菓子で伝えているんだと思う。

 

駄菓子で伝えるコミュニケーション、いわゆる駄菓子ケーション。←

しかと受け取りました、母上、ありがとう。がんばる。

 

 


そして、しんじょう調べでは基本的にたくさんの親が仕送りには駄菓子を同封していることが多いようです。
定番は「タラタラ」から「蒲焼さん太郎」や「わさびのり太郎」といったところでしょうか。

どれもスーパーで手軽に買える商品が多いんだと思います。
正直に言うと、個人的には「のし梅さん太郎」が駄菓子界でNo.1。



やはり子供なんですよね、まだ


たぶん僕がまだ学生ということもあるんだと思います。
しかし誰でも、親がいるうちはいつまでも子供なんだなと思っています。

親の子は僕で、僕の親は彼らです。


親にはまだまだ孝行できていないし、まだその見通しも立てられていません。
だからこそ僕は僕なりの道を見つけて親に胸を張って生きていけるように歩いていきたいものです。
それがまぁなんというか親孝行にもなるんだと、そう勝手に思っています。まだいいですよね?笑

いつも早く車買ってとか、社長なってとか、ゴルフ行くかとか勝手にいろいろ言っていますが、僕はまだまだ子供の予定なんで元気に働いてもらおうと思います。

共にがんばりましょうか。


ひとまずは仕送りありがとう。
おいしく食べるぜ!



タラタラしません。