しんじょうぶろぐ

高知在住のお笑い芸人をしている新卒ニートブロガーです。

このボタンを押すと腰痛も...

広告


カナダにワーキングホリデー!!必要な準備とは...?

IMG_3980

ども、移住大学生ことしんじょうです!

僕は大学3年、4年と休学してお金をため、2013.11~2014.11の1年間、カナダのトロントへワーキングホリデー(ワーホリ)に行っていました。

そこで、今回は僕のワーホリ経験に基づいた、必要な準備をご紹介したいと思います。

 

1.ワーホリビザの申請

便利な世の中になったものです!インターネットで調べたらビザの申請方法はいくらでもヒットします。

ワーホリに行くためには「ワーキングホリデービザ」を取得しなければなりません。そのためには申請が必要なんですね。この申請するという作業が一番めんどくさい。

しかし、安心してください。代行サービスもありますよ。
実際たくさんの申請代行業者があるので、価格の比較なんかもしてみてください!

f:id:TakahiroShinjo:20160302134818p:plain

 

自分でやれば無料

ただ、僕の場合はビザの申請を全て自分でやりました。英語の勉強にもなる!と思ったのですが、やはり自分の力だけではできないので、ワーホリシロップというビザの申請を無料で紹介してくれているサイトを頼ったんですけどね。笑

何事もなく、無事に入国できたのでぜひともおすすめです!

f:id:TakahiroShinjo:20160302135241p:plain

サイトはこちら

ワーホリシロップ|2016年カナダ・ワーキングホリデー申請ガイド

 

2.もちろんお金が必要

f:id:TakahiroShinjo:20160103193957j:plain

航空券、滞在費、食費などなど...
カナダで生活をするための必要経費としてはざっと120万円くらい。学費もプラスでかかります。おおよそですが、200万円あれば余裕を持って生活できると思いますね。


というわけで、当たり前ですがそれなりのお金が必要になる....。
ただ、ここでアドバイスとしては、出国前に頭でっかちになってお金を貯めるために働いても本末転倒。

実際僕は8万円だけを握り締めてカナダに入国し、それから7万5千円をホームステイで支払い、残金5千円で1ヶ月をすごしました。
もちろんその間に仕事を見つけ、翌月からは給料をもらって生活できましたけどね!

せっかくのワーホリなんです。どうせならカナダでも稼いでみるのもいいかも?!

 

3.クレジットカード

必須です、はい。
海外はカードでの支払いが多い他、身分証明や銀行の口座開設などの個人の信用度をはかるものさしとしても使用されますので、カードは持っておくのが一般的ですね。

カードにも色々と種類がありますが、VISAともう1つ持っておけば大丈夫かと。

おすすめは三井住友VISAデビュープラスカード
というのも、もし盗難されて不正に使用されたとしてもその金額を補償してくれます。
世界200カ国以上で使用できるし、年会費も無料
18~25歳までのサービスですが、該当する方にはぜひともおすすめ!

ただ、日本人的感覚からすれば楽天カードが1枚あるとすごく便利だと思います。というのも、VISA以外にもマスターカード、JCBなど種類が多く、インターネットショッピングの楽天市場や、航空券購入の楽天トラベルなどにも使用できて多くの用途に使用ができるんですねぇ。

まさに1枚あるとすごく捗る便利なカードといえます。

  

他には世界共通キャッシュカードといわれるMoneyT Global(マネーティーグローバル)も持っておくと便利。日本で送金したお金がプリペイドで引き出すことができるので、現地で現金が欲しい時に手数料が安く使用できるのでもっておいて損はありません。

とにかくカード類は海外に行くのであれば準備しておいたほうが、イインデス!!

 

4.極寒に耐える防寒着

ご存知の通り、カナダは想像の通り極寒。

気温
上の画像がカナダの東の都、トロントで驚愕して思わず撮ったスクリーンショット。
画像ではマイナス23度なのですが、この時の体感温度はこちら。

f:id:TakahiroShinjo:20160305123716p:plain

マイナス37度なのでそこらへんの冷凍庫より寒いです。
もちろん地域によって違いはありますが、基本的に防寒はしたほうがいいですね。

おすすめはカナダグースというカナダ人愛用のブランド

お値段はしますが、カナダ人も愛用しているブランドで、防寒には最適です。冬に街中を歩いたり電車に乗ると、このブランドの商品を着てる人がめちゃくちゃ多い。
それだけ防寒に安心できる商品ということですね! 


実体験としては、極寒の時に外を歩いていて、耳が取れてしまったんじゃないかというほど耳の感覚がなくなったことがあります。日本であまり使いませんが、耳あても必要かと。

 

5.海外保険に加入する

何事にも言えることは、海外では日本の当たり前はとにかく通用しません。笑

例えば海外で病気をしたら?ケガをしたら?

しかもただの旅行ではなく、ワーキングホリデーで1年近くの滞在になるでしょう。
だからこそ、海外保険に加入することは必須と言えます。

AIUのワーキングホリデー保険だと、なんと空き巣に入られたり、すりにあったりといったトラブルにも対応してくれます。多岐の用途として使えて、安心・安全のために海外保険に加入しておくことは心からおすすめします!

こちらから詳細を見ることができます

 

6.自分ルールを作る

IMG_4519


やっぱり、カナダは楽しい。
というのも、冬は寒くて外に出られず、夏には毎日といっていいほど何かイベントがあります。

友人とパブや旅行に出かけたり、ワーホリでバイトをしてみたり....!
外国の友達はもちろん、多くの日本人とも絶対に知り合い、仲良くなります。
どれだけ外国に染まろうと思っていてもこれは避けたくても避けられないこと。

 

だからこそ、自分の信念が問われるんだと思います。

英語を学ぶためにワーホリを利用する人

日本人の友人とも英語で話すのか、それとも英語で話すのか。
バイトは英語環境でするのか、日本食レストランでするのか。


何かを見つけるためにワーホリを利用する人

有言不実行の口だけ詐欺になっていないか。
本当に自分のやりたかったことができているのか。

カナダにワーホリをしているとたくさんの心の葛藤があると思います。
それはカナダという非常に魅力的な国だからこそ。

楽しさや開放感に甘えて自分の元々の目標を見失う時が来ます。
新しい環境、言語や文化が通じない壁、そして食と将来。

だからこそ、そんな時には自分の信念をルール化した、自分ルールが必要なのです。
毎日1時間は絶対英語の勉強をするとか、1時間だけ夢に向かって努力する時間を作るとか。内容はなんでもいい。

とにかくまず、現地に行く前に自分のなりたい姿、やりたいことを思い描いて自分ルールを作ってみてください!

 

まとめ

いかがでしたか?
カナダのワーホリはすごく楽しいです。自信を持っておすすめしますが、その貴重な1年をどう過ごすかは事前の準備がめちゃくちゃ大事です!

ぜひともしっかり準備をして、楽しいワーホリライフを送って欲しいものです!


カナダのワーホリについて相談があれば気軽にメッセージをくださいな!

しんじょう@移住大学生

連絡先

Facebook-Takahiro Shinjo
Twitter -@Takahiro_Shinjo
Gmail-simpletaka18[@]gmail.com

 

ふぃん!

 

今回のおすすめ

 

この記事もおすすめ

カナダはトロントのおすすめの日本食レストランをまとめています!

www.shinjo-t.com